車情報センター

自工会、12年度の国内4輪車需要は480万台

日本自動車工業会の志賀俊之会長は15日の定例会見で、2012年度の国内4輪車需要見通しについて、前年比2%増の480万台と想定していると発表した。

自工会は12年暦年ベースでは501万台と予測しているが、実施中のエコカー補助金が年内には終了するのが確実なため、年度ベースでは慎重な見通しとした。そのうち、乗用車は2%増の406万台、トラックは1%増の72万8000台を予測している。

志賀会長は「東日本大震災などで供給に支障が出る事態が続いたが、昨年末からほぼ従来並みに供給できるようになったうえ、エコカー補助金によって勢いが出てきた」と指摘。年度後半には補助金効果が無くなるものの、「前半の需要は相当な盛り上がるになる」との見通しを示した。

また、年度後半の国内生産に影響が出ないよう「補助金が無くなるまでにしっかり円安が進み、輸出の増加につなげられるのが一番の展開」との期待を表明した。

http://response.jp/article/2012/03/15/171442.html

419090.jpg

///////
国内の自動車販売にはエコカー補助金が有効だったと思いますが、一時のカンフル剤に過ぎなかったように思います。本当に必要なのは、楽しい車、必要と思わせる車など、魅力のあるものが必要ですよね。

【ATTT12】ホンダ、 iPhoneを活用した簡易ナビを提案

ホンダは、東京ビッグサイトで開催の国際自動車通信技術展で、普及の進むスマートフォンを活用した安価なナビゲーションシステムとして、iPhoneとディスプレイオーディオを組み合わせた車載端末を展示した。

[関連写真]

会場に展示されたシステムは、同社がスマートフォン向けに展開する『インターナビ・リンク』の機能を発展させたもの。ナビ機能を持たないディスプレイオーディオとiPhoneを繋げることで、簡易的なカーナビとして利用しようというものだ。

展示された車載端末をみると、マルチタッチには対応していないがタッチパネルによる入力も可能、自主規制により文字入力には対応していないが、地図の拡大縮小や履歴からのルート設定など、簡易な操作がディスプレイ上で行なえる。また、車載端末と車の間では、車速などの情報も吸い上げるという。

これまで、同社がスマートフォンで提供する「インターナビ・リンク」のサービスでは、ルートの検索や確認はできたものの、ルート案内までは行なわれてこなかった。しかし、今回参考展示された「インターナビ・リンク」アプリではルート案内もおこなっており、車載端末の発売と同時期に「インターナビ・リンク」のiPhoneアプリにもルート案内機能が追加されるようだ。

今回の展示物について、ホンダのインターナビ事業室の鷲津公洋氏は「スマートフォンとの連携で、ナビの機能をより安価なカタチで提供しようというものです。単純にiPhoneによるナビの誘導画面を車載機に映して、最低限のアプリケーションと目的地検索をできるようにしてあります。家で目的地を設定して頂いて、そのまま車載端末に差して使って頂くような使い方を想定しています」と説明した。

車載端末の価格については「当然、ナビ機能がないので、現在ホンダアクセスで販売しているナビゲーションシステムの最も安価なものより安くなります」と語り、まずは、iPhone向けの車載端末からの提供となり、Androidに関しては将来的に対応を検討するとのこと。

また、インターナビ・リンクによるルート案内機能に関しては、サービスの詳細についてはまだ未定な部分もあるが、車載端末を購入したユーザー限定のサービスではなく、ホンダ車オーナーでかつiPhoneユーザーであれば利用できるようだ。

《レスポンス 椿山和雄》

http://response.jp/article/img/2012/03/15/171440/419090.html

419090.jpg

////////
元々iPhoneにも地図アプリはありますが、カーナビとの連動は面白いかもです。ただ、精度の面ではどうなんでしょうか?あと、最近、スマホは通信が重い気がするので、そこの対応が気になるところですね。